スポンサーリンク

【働き方改革】会社への依存度を減らし、ストレス無く働く方法

ライフハック
スポンサーリンク

毎日残業も多いし、仕事内容や社内の人付き合いでもストレスが溜まるばかり、、、でも生活のためにはこの会社で働き続けるしかない、、、

こう思いながらも具体的な解決策が見当たらず、日々理不尽に耐えて仕事をしている

そんな人のための記事です。

会社員として働くのは様々なストレスとの戦いである

会社員として働く場合、どうしても会社からの様々な制限を受けてしまいます。

仕方ないと受け入れられる程度のものであればいいのですが、

時として理不尽な、自分の人生に大きく影響してしまうような状況に置かれることがあります。

その際に会社に大きく依存していると理不尽から逃れられず、

自由を失い、ストレスを抱えながらそれでも仕事をしていかなければならなくなります。

望まぬ仕事によるストレス

皆さんそれぞれ営業がしたい、研究がしたいなどの希望職種があり、また今後どういった経験を積んでいきたいというキャリアプランがあるかと思います。

ですが、残念ながら欠員補充などによる会社都合で望まぬ異動を受けると自分のやりたいことがたちまちできなくなってしまいます。

異動の願いを出して再度やりたい職種に戻れるチャンスがあるかも知れませんが、場合によっては二度と戻ることができず、キャリアプランを見直す必要が出てきます。

そうなると人生すらも会社に大きく左右されてしまいます。

住む場所の制限によるストレス

近年ではリモートワークなどの自由な働き方も出てきていますが、

多くの方は決められた職場があり、毎日出勤されているかと思います。

職場が決まっているのでどうしても通勤できる範囲に生活拠点をおく必要があるため、

田舎暮らしがしたいのに、都会暮らしがしたいのにできないなど、望まぬ場所での生活を余儀なくされます。

また当初は自分の希望した勤務地で働けていたとしても、人事異動や転勤によって異なる勤務地での勤務を命じられることがあります。

そうなった場合、長時間通勤、引越し、単身赴任などの選択肢があるかと思いますが、

どれを選んでもあなた自身、またあなたの家族にとっても大きな負担をかけることになってしまいます。

時間の制限によるストレス

これもフレックスタイム制度などで少しずつ改善はされてきているかとは思いますが、

それでも多くの場合、働く時間が決められており、遅刻することは許されていないため、準備をしないといけません。

また、残業や休日出勤を求められることもあり、自分の時間を犠牲にしなければなりません。

また、有給があってもそもそも長期休暇を取ることは難しく、

取れたとしても仕事の連絡が取れるよう会社の携帯やパソコンを常に持ち歩くなど、

せっかくの休みですら全く気が休めない状態で過ごさないといけない場合もあるかと思います。

人間関係によるストレス

仕事を円滑に進めるためには社内の人間関係に細心の注意を払う必要があります。

また出世できるか上司に左右されるため、仕事ができない上司出会ってもある程度忖度をしないといけません。

そのために常に自分の行動がどう見られるか気を使ったり、望まぬ飲み会やゴルフなどに時間を費やし、疲弊していくことになります。

いざという時、会社はあなたを守ってはくれない

あなたがいろんな制限を受けながらも会社のためにと一生懸命働いていて、功績をあげていたとしても、他の従業員のミスや経営者の判断ミスなどで業績が悪化することがあります。

その場合、たとえあなたに非がなかったとしても、あなたも被害を被ることになります。

ボーナスの削減や、賃金カーブの見直しによる年収ダウン、

最悪の場合リストラや会社の倒産などでたちまち収入が無くなってしまうリスクがあります。

また、予期せぬ病気やケガなどで長期で今までのように働くことができなくなった場合、ある程度の支援は受けることはありますが、生涯、手厚く守ってくれるわけではありません。

会社にとっては会社員はあくまで労働力に過ぎないのです。

なぜ会社に依存してしまうのか?

ではなぜ多くの人は自分の自由を制限され、ストレスを感じながらも、それでも会社に依存してしまうのか?

それは会社からの収入に頼っているからです。

そのため、会社生活に支障をきたす可能性があるため、会社や上司からの理不尽な要求や、やりたくないことをきっぱり断るというリスクを冒せなくなってしまうのです。

逆に言えば、会社への依存度を減らすことができれば、社内で強く自分の意思表示をするというリスクをとることができ、結果的にストレス無く働くことができるようになるのです。

会社への依存度を減らすための3つの対策

究極の方法は会社を辞めてしまうことなのですが、その選択肢が選べたらそもそもこんなに苦労しないですよね。笑

ですので、今回は会社で働きながら少しずつでも実施できる対策をご紹介いたします!

①資産運用を始める

まずは現状の会社からの収入にのみ頼っている状態から脱却するためには会社以外の収入源を作ることが大事です。

そのための一つ目の方法が株式投資などの資産運用することです。

ただし資産運用での収入は元々の資産額がある程度ないとすぐには給与収入を補えるほどにはならないので長期的な運用が必要となります。

運用スタイルについてご興味があれば以下の関連記事をご参照ください。

②副業を始める

会社以外の収入源を作る二つ目の方法は副業を始めることです。

起業・独立となると会社を辞めて始めることになりますのでどうしてもリスクが出てしまいます。

ですが、会社員を続けながら、空いた自分の自由な時間を有効利用し収入を得る副業であれば、

リスクを取らずに始めることができます。

ただし副業もまたスキルや信用を得るためには時間を要すため、すぐにまとまった収入にはならず、長期的に続ける必要があります。

③転職活動を始める

最後の一つは上の二つとは異なり、短時間で効率的な結果を生み出せるオススメの方法です。

転職活動を進めると以下のメリットがあります。

  • 自分の会社以外の求人情報に目を通すことで視野が広くなる。
  • 職務経歴書を書く中で今までの経験を棚卸しでき、自分の強みがわかる。
  • 自分の市場価値がわかる
  • 思いもよらぬオファーが舞い込む可能性も

実際にとても好条件の求人があれば転職することも可能ですし、何も実際に転職をする必要もありません。

転職活動を通じて自分の市場価値が見えてくると自ずと自信が持てるようになり、

今の会社を辞めることになった時に次の仕事が見つかるかわからないことからくる会社への精神的な依存度を低減することができます。

すると、社内で多少リスクを取ることに対しての不安が減り、

仕事で大胆な提案できたり、望まぬ業務に対して一言言えるようになったり、

さらには労働条件に関して会社と交渉することもできるようになり、

結果、転職しなくてもうまく回り出すようになり、ストレス無く働く環境を得ることができます。

まとめ:依存度を減らすための対策を進め、ストレス無く働こう!

今回紹介した1つだけを実践するのでは無く、できれば3つの対策を少しずつでも始めることで、

まあ最悪クビになってもなんとなる!」という精神を手に入れることができれば、

会社員として働きながらでもストレス無く仕事をすることができます!

すぐには効き目が出てきませんが、コツコツ続けること必ず効果が出てきますので、

まずはどの対策からでもいいので最初の一歩を踏み出してみましょう!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
↓よろしければ応援クリックお願いします!↓
ライフハック
粋狂をフォローする
スポンサーリンク
粋狂のライフハック集

コメント

タイトルとURLをコピーしました