スポンサーリンク

【転職活動】30代で年収を落とさず、労働条件が劇的に改善した話【成功体験】

自己投資

30代になり、同じ職場で働き始めて数年経つと、自分の置かれている現状や、

このまま後何年働くとどのポジションになるのか、

などの将来像も何となく見えてくるかと思います。

そんな中でたまの帰省などで学生時代の友達と会い、お互いの近況を話したりしていると、

ひょっとして俺の給料、待遇は同世代の平均より低いのでは、、、?

と感じることは無いでしょうか?私がそうでした。ただ、

今の会社での待遇に満足いっていないけど、転職すると年収が下がると聞くし、、、

と不安に思い、なかなか一歩を踏み出す勇気が出ない方も多いかと思います。

そこで今回は私が初めて転職をした経験をもとに、

転職前と転職後で働く環境や待遇がどのように変わったかをお伝えできればと思います。

粋狂の転職活動成功体験

転職前の状況

大学卒業後、新卒で入社し7年目の私の待遇はこんな感じでした。

  • 職種:専門商社営業職
  • 年齢:29歳
  • 年収:450万円
  • 残業:平均70時間以上/月
  • 残業代なし!
  • 飲み会:ほぼ毎日飲み会(タクシー帰り)
  • 出張:始発の新幹線で出発し、帰りは最終の新幹線、、、

会社自体の業績等は悪く無かったのですが、老舗企業であったため、

昭和の働き方が根強く残る会社でした。

残業は当たり前で、時には20時に出張から帰ってきてまた事務所で作業なんてことも

しょっちゅうでしたが、そんな時間でもまだまだ営業担当は事務所に残ってました。

しかも残業代は全く出ませんでした。(今は流石に出るようになったみたいですが、、、笑)

仕事が終わってもその後は会社のメンバーと連日の飲み会、、、

飲み会では「尿酸値」や「コレステロール値」が基準値をオーバーしていることを誇らしく語り、

ドクターストップも無視して飲んでいる人もいました、、、

会社のためにどれだけプライベートや健康を犠牲にして働くのが美徳とされていました。

そんな環境だったので新入社員がすぐに辞めていくことが多々ありましたが、

辞めた社員に根性が無かっただけと決めつけ、労働環境が改善することは一向にありませんでした。

転職後の状況

次に転職後の私の待遇ですが、

  • 職種:メーカー営業職
  • 年齢:31歳
  • 年収:450万円+残業代(翌年昇格し550万円+残業代に)
  • 残業:平均10時間程度/月
  • フレックスタイム制度で自由な勤務スタイルに
  • 飲み会:歓送迎会程度(一次会で終了)
  • 出張:9時くらいの新幹線で出発し、19時くらいに家に帰れている時も笑

どうでしょう?笑

劇的に労働条件が改善されたと思いませんか?

もちろん、もっといい待遇で働かれてる方も多くいらっしゃるかと存じますが、

当時、前職での労働環境、給与水準が普通だと思っていたので、

もっと良い条件の提示を受けた時、尻込みしてしまったこと。

前職を退職してからカナダにワーキングホリデーに2年近く行っており、ブランクがあった。

ことがあり、最後の採用条件の交渉であまり強気に出れませんでした。

転職後に思うこと

現在は前職の時に比べ、非常にゆとりのある働き方ができており、

プライベートな時間が増え、趣味の時間や株式投資、英語の勉強など

次のステップに向けての時間を投資することができています。

仕事でも結構サボりながら、適度に力を抜きながら働いていますが、

それでも仕事ぶりを評価され、入社して1年経たずに昇格が決まりました。

そう思うと、もっと良い条件で交渉すれば良かったかなーと思いますが、

転職しなければ、自分の市場価値に気づくことも無かっただろうなと思うと、

私はやはり転職して正解だったなと考えております。

ですので、転職活動を始めるかお悩みの方は

ぜひ勇気を出して一歩踏み出すことをオススメいたします!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
↓よろしければ応援クリックお願いします!↓
自己投資
スポンサーリンク
粋狂をフォローする
スポンサーリンク
粋狂のライフハック集

コメント

タイトルとURLをコピーしました